メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

API

Sumo Logic のいくつかの API は、Swagger による作成が開始されています。クライアント ライブラリをさまざまな言語で生成したり、自動テストを試したりすることができます。

Sumo の API ドキュメントは、それぞれの Sumo デプロイでホストされます。アカウントが存在するデプロイに基づいて、適切な API ドキュメント リンクを選択する必要があります。

Swagger で作成された API

ベータ版
  • Connections (接続)
  • Content (コンテンツ)
  • フィールド抽出ルール
  • Ingest Budgets (バジェットの取り込み)
  • Partitions (パーティション)
  • Roles (ロール)
  • Scheduled Views (スケジュール ビュー)
  • Users (ユーザ)
近日公開
  • ダッシュボード
  • Metrics Monitors (メトリクス モニタ)

API documentation (API ドキュメント)

Sumo Logic には複数のデプロイがあります。これは、アカウントが作成された地理的位置と日付に応じて割り当てられます。不明な場合は「使用するエンドポイントの決め方」を参照してください。

デプロイ用のドキュメント リンク選択します。

Swagger リファレンス

ドキュメント: https://swagger.io/docs

  • この記事は役に立ちましたか?