メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

検索スケジュールの編集またはキャンセル

ライブラリでは、スケジュール済み検索をいつでも編集またはキャンセルできます。スケジュール済み検索をキャンセルすると、検索は保存済み検索に戻ります。

スケジュール済み検索のキャンセル

  1. ライブラリで、キャンセルしたいスケジュール済み検索を探します。ライブラリでの検索についての詳細は、「ライブラリの検索」を参照してください。 
  2. スケジュール済み検索の右側にある詳細オプションメニューをクリックして、[Edit (編集)] を選択します。 
    ライブラリでのスケジュール済み検索の編集
  3. [Edit Search (検索の編集)] ダイアログで [Edit this search's schedule (この検索のスケジュールを編集する)] をクリックします。
    Screen Shot 2018-05-06 at 7.58.07 PM.png
  4. [Run Frequency (実行頻度)] メニューから [Never (なし)] を選択してスケジュール済み検索をキャンセルします。
  5. [Update (更新)] をクリックします。

スケジュール済み検索の編集

  1. ライブラリで、キャンセルしたいスケジュール済み検索を探します。ライブラリでの検索についての詳細は、「ライブラリの検索」を参照してください。 
  2. スケジュール済み検索の右側にある詳細オプションメニューをクリックして、[Edit (編集)] を選択します。 
  3. [Edit Search (検索の編集)] ダイアログで [Edit this search's schedule (この検索のスケジュールを編集する)] をクリックします。
  4. 必要な変更を行ってから [Update (更新)] をクリックします。

権限の編集

デフォルトでは、スケジュール済み検索は検索を作成したユーザの権限で実行されます。つまり、検索が他のユーザと共有されている場合は、作成者のロール アクセス フィルタによって、検索で返されるデータが制限されることになります。 

スケジュール済み検索クエリを編集しようとしたり、スケジュールを保存済み検索に追加したり、保存済み検索のスケジュールを編集したりすると、Sumo はユーザの検索フィルタを、スケジュール済み検索に関連付けられている検索フィルタと比較します。

検索フィルタが一致すれば、編集を行うことができます。そうでなければ、「Cannot Edit Scheduled Search (スケジュール済み検索を編集できません)」というメッセージが返されます。

以下のいずれかを実行します。

  • [Change the Data Access Level (データ アクセス レベルの変更)]。データ アクセス レベルを自分のレベルに合わせて設定できます。その結果、スケジュール済み検索にユーザのロール検索フィルタが適用されて実行されます。  

  • [Duplicate (複製)]。スケジュール済み検索をコピーして編集することができます。