メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

レガシー アカウント

[Account (アカウント)] ページには、Sumo Logic の組織、アカウント タイプ、請求期間、ユーザ数についての情報が表示されます。このページでは、アカウント所有者が他のユーザにロールを再割り当てすることもできます。

[Account (アカウント)] ページを表示するには、[Administration (管理)] > [Account (アカウント)] に移動します。

AccountClassicPage.png

アカウントの概要

[Account (アカウント)] ページに移動すると、[Account Overview (アカウントの概要)] タブが表示されます。このページには、サブスクリプションに関する次の情報が表示されます。

  • Organization (組織)。Sumo Logic の組織と、16 進数による組織 ID 番号が表示されます。
  • Plan Type (プラン タイプ)。Sumo Logic サブスクリプションのアカウント タイプが表示されます。
  • Current Billing Period (現在の請求期間)。現在の請求期間の開始日と終了日が表示されます。
  • Daily Log Ingest (日次ログ取り込み量)。現在の取り込み量の測定値です。請求サイクルの日次取り込み量平均が容量を超えている場合、差分についてはオンデマンド料金が請求されます。
  • Retention (保持期間)。データが保持される日数が表示されます。この数値は有償アカウントの種類によって異なります。
  • Users (ユーザ)。アカウントで使用できるユーザ数に対する、現在アクティブなユーザ数を表示します。(例: 214 of 1000 used. (214/1000 が使用中です))
  • Live Dashboard Panels and Real Time Alerts (ライブ ダッシュボード パネルとリアル タイム アラート)。アカウントで使用できるダッシュボード数に対する、現在のライブ ダッシュボード パネルとリアル タイム アラートの数を表示します。(例: 369 of 1000 used. (369/1000 が使用中です))
  • Metrics (メトリクス): データ ポイント/分 (DPM) を単位としたメトリクス使用量の測定値です。日次使用量平均が容量を超えている場合、差分についてはオンデマンド料金が請求されます。

組織名の変更

アカウント所有者は、組織の表示名を変更できます。この機能は、複数アカウント アクセスを使用して複数の Sumo Logic 組織を切り替える場合に便利です。

  1. [Administration (管理)] > [Account (アカウント)] に移動します。
  2. [Account Overview (アカウントの概要)] タブを選択します。
  3. [Organization (組織)][Name (名前)] の横にある [Edit (編集)] をクリックします。
  4. [Change Organization Name (組織名の変更)] ダイアログの [New Organization Name (新規組織名)] に新しい表示名を入力します。
    change_org_name
  5. [Change Organization Name (組織名の変更)] をクリックします。

新しい組織名が表示されます。

  • この記事は役に立ちましたか?