メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

アカウント ページ

[Account (アカウント)] ページには、Sumo Logic の組織、アカウント タイプ、請求期間、ユーザ数についての情報が表示されます。このページでは、アカウント所有者が自身のロールを再割り当てすることもできます。

アナリティクス層には有用な柔軟性があり、分析をデータの値に合わせることができます。継続層、高頻度層、低頻度層などを使用することにより、ユース ケースやアナリティクスのニーズごとにデータを適切にセグメント化できるため、アナリティクスへの投資を最小限に抑えることができます。

[Account (アカウント)] ページを表示するには、[Administration (管理)] > [Account (アカウント)] に移動します。

AnalyticsTiers_AccountPage.png

アカウントの概要

[Account (アカウント)] ページには、アカウントのコストを取り込み、ストレージ、ダッシュボードとアラート、およびメトリクスの側面から管理するのに役立つメトリクスやグラフが掲載されています。緑色または黒い文字は、使用量が想定内であり、請求が発生する可能性が低いことを示します。赤い文字は、使用量が想定値を上回っており、オンデマンドの使用を回避するために現在の制限を引き上げなければならない可能性があることを示します。

このページに掲載されているアカウントについての情報の一覧を以下に記載します。

  • Organization (組織)。Sumo Logic の組織と、16 進数による組織 ID 番号が表示されます。これにより、Sumo はご利用中のアカウントを特定できます。
  • Plan Type (プラン タイプ)。Sumo Logic サブスクリプションのアカウント タイプ (Professional エディションや Enterprise エディションなど) と、請求が Cloud Flex か Classic プランかが表示されます。
  • Current Billing Period (現在の請求期間)。現在の請求期間の開始日と終了日が表示されます。
  • Daily Log Ingest (日次ログ取り込み量)。現在の取り込み量の測定値です。請求サイクルの日次取り込み量平均が容量を超えている場合、差分についてはオンデマンド料金が請求されます。
  • Total Storage (総ストレージ量)。現在のストレージ使用量の測定値です。保持レートを変更することで、容量の使用量を調整することができます。
  • Live Dashboard Panels and Real Time Alerts (ライブ ダッシュボード パネルとリアル タイム アラート)。利用できる数と使用中の数を比較します。たとえば、out of 200, 174 have been used. (198/200 が使用中です) など。
  • Metrics (メトリクス): データ ポイント/分 (DPM) を単位としたメトリクス使用量の測定値です。日次使用量平均が容量を超えている場合、差分についてはオンデマンド料金が請求されます。

Total Storage (総ストレージ量)

このグラフを使用すると、現在のストレージ使用量を把握し、予想使用量と比較することができます。使用量が緑色で表示される場合は、予想使用レベル以内です。使用量が赤色で表示される場合は、ストレージの予想使用量を超えています。editing the retention period of your indexes (インデックスの保持期間を編集) リンクをクリックして、ストレージ容量をアップグレードまたは削減することができます。

  • 点線は、アカウントのストレージ制限を示します。
  • 緑色の線はアカウントのストレージが制限以内であることを示します。
  • 赤色の線はアカウントのストレージが制限を超えていることを示します。

AnalyticsTiers_Account_TotalStorage.png

Log Ingest Rate for Current Billing Period (現在の請求期間のログ取り込みレート)

このグラフを使用して日次取り込み量をモニタリングします。取り込み量が緑色で表示される場合は、予想使用レベル以内です。取り込み量が赤色で表示される場合は、予想使用量を超えています。時刻はすべて PDT/PST で表示されるため、他のタイム ゾーンにいる場合は、自身のタイム ゾーンに合うように調整が必要です。

  • 点線は、アカウントのデータ取り込み制限を示します。
  • 緑色の線はデータ取り込み量がアカウントの制限内であることを示します。この線は、取り込まれたデータの平均量を示します。
  • 赤色の線はデータ取り込み量がアカウントの制限を超えていることを示します。

次の例は、現在の請求期間における継続アナリティクス層および高頻度アナリティクス層のログ取り込みレートを示しています。

AnalyticsTiers_LogIngest_Continuous_Current.png

AnalyticsTiers_LogIngest_Frequent_Current.png

Log Ingest Rate for Previous Billing Period (前回の請求期間のログ取り込みレート)

このグラフには、前回の請求期間に取り込まれたログ データ量と日次アカウント制限を比較して表示します。時刻はすべて PDT/PST で表示されるため、他のタイム ゾーンにいる場合は、自身のタイム ゾーンに合うように調整が必要です。

  • 点線は、アカウントのデータ取り込み制限を示します。
  • 緑色の線はデータ取り込み量がアカウントの制限内であることを示します。この線は、取り込まれたデータの平均量を示します。
  • 赤色の線はデータ取り込み量がアカウントの制限を超えていることを示します。

次の例は、前回の請求期間における継続アナリティクス層および高頻度アナリティクス層のログ取り込みレートを示しています。

AnalyticsTiers_LogIngest_Continuous_Previous.png

AnalyticsTiers_LogIngest_Frequent_Previous.png

Metrics Ingest Rate for Current Billing Period (現在の請求期間のメトリクス取り込みレート)

このグラフには、現在の請求期間に取り込まれたメトリクス データ ポイント量/分 (DPM) と日次アカウント制限を比較して表示します。時刻はすべて PDT/PST で表示されるため、他のタイム ゾーンにいる場合は、自身のタイム ゾーンに合うように調整が必要です。

  • 点線は、アカウントのデータ制限を示します。
  • 緑色の線はデータ取り込み量がアカウントの制限内であることを示します。この線は、取り込まれたデータの平均量を示します。
  • 赤色の線はデータ取り込み量がアカウントの制限を超えていることを示します。

AnalyticsTiers_MetricsIngest_Current.png

Metrics Ingest Rate for Previous Billing Period (前回の請求期間のメトリクス取り込みレート)

このグラフには、前回の請求期間に取り込まれたメトリクス データ ポイント量/分 (DPM) と日次アカウント制限を比較して表示します。時刻はすべて PDT/PST で表示されるため、他のタイム ゾーンにいる場合は、自身のタイム ゾーンに合うように調整が必要です。

  • 点線は、アカウントのデータ制限を示します。
  • 緑色の線はデータ取り込み量がアカウントの制限内であることを示します。この線は、取り込まれたデータの平均量を示します。
  • 赤色の線はデータ取り込み量がアカウントの制限を超えていることを示します。

AnalyticsTiers_MetricsIngest_Previous.png

組織名の変更

アカウント所有者は、組織の表示名を変更できます。この機能は、複数アカウント アクセスを使用して複数の Sumo Logic 組織を切り替える場合に便利です。

アカウントの組織名を変更するには、次の手順を実行します。
  1. [Administration (管理)] > [Account (アカウント)] に移動します。
  2. [Account Overview (アカウントの概要)] タブを選択します。
  3. [Organization (組織)][Name (名前)] の横にある [Edit (編集)] をクリックします。
  4. [Change Organization Name (組織名の変更)] ダイアログの [New Organization Name (新規組織名)] に新しい表示名を入力します。
    change_org_name
  5. [Change Organization Name (組織名の変更)] をクリックします。

新しい組織名が表示されます。

アカウント所有権

デフォルトでは、アカウント所有者は、アカウントをセットアップした管理者、またはアカウントに登録した管理者です。

アカウント所有者の変更

アカウント所有者は、自分の組織の Sumo Logic アカウントの別の管理者にそのロールを再割り当てすることができます。アカウント所有者が変更されると、新しいアカウント所有者のみが [Account Overview (アカウントの概要)] タブの [Account Ownership (アカウント所有権)] セクションを閲覧できるようになります。

アカウント所有者ロールを変更するには、次の手順を実行します。
  1. [Administration (管理)] > [Account (アカウント)] に移動します。
  2. [Account Overview (アカウントの概要)] タブを選択します。
  3. [Account Ownership (アカウント所有権)][New Account Owner (新規アカウント所有者)] メニューから名前を選択し、[Change Owner (所有者を変更)] をクリックします。
  4. アカウント所有者が変更されると、新しいアカウント所有者のみが [Account Overview (アカウントの概要)] タブの [Account Ownership (アカウント所有権)] セクションを閲覧できます。

[Data Management (データ管理)] タブ

[Data Management (データ管理)] タブでは、Data Volume Index の有効化を行えます。詳細は「Data Volume Index の有効化と管理」をご覧ください。

請求

Sumo Logic Professional アカウントの所有者は、請求情報を変更するために追加の [Billing (請求)] タブにもアクセスできます。詳細については、「請求情報の管理」を参照してください。