メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

コレクション

[Collection (コレクション)] ページを使用して、すべてのコレクタおよびソースを管理できます。[Collection (コレクション)] ページにアクセスするには、[Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] に移動します。

コレクションの管理

このページでできること

コレクタおよびソースに関して表示可能な情報

  • Name (名前): コレクタの名前、およびコレクタで設定されているソースが表示されます。ソースのタイプ (HTTP、ローカル ファイル、ローカル Windows イベント ログなど) も表示されます。
    • Open in Search (検索で開く): コレクタまたはソースの名前の上にカーソルを置き、[Open in Search (検索で開く)] アイコンをクリックして [Search (検索)] ページで検索を開始します。
    • Tooltip (ツールチップ): コレクタまたはソースの名前の上にカーソルを置くと、役に立つツールチップが表示されます。
      • コレクタのバージョンはツールチップに表示されます。
        Collector version in tooltip.png
  • Type (タイプ): コレクタがインストール済みコレクタとホスト型コレクタのどちらであるかが表示されます。
  • Status (ステータス): コレクタが実行されているか (緑色のチェックマーク) 停止されているか (赤色の感嘆符) が表示されます。
  • Source Category (ソース カテゴリ): このコレクタまたはソースで設定されているソース カテゴリの名前が表示されます。
  • Sources (ソース): コレクタで設定されているソースの数が表示されます。
  • Last Hour (過去 1 時間): 過去 1 時間に取り込まれたログ メッセージの合計数が 1 分ごとのグラフとして表示されます。
  • Messages (メッセージ): 過去 1 時間に取り込まれたログ メッセージの合計数が表示されます。

コレクタ アクション

ソース アクション