メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

収集

[Collection (コレクション)] ページを使用して、すべての Collector および Source を管理できます。[Collection (コレクション)] ページにアクセスするには、[Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] に移動します。

Collection page with budgets.png

このページでできること

Collector および Source に関して表示可能な情報

  • Name (名前): Collector の名前、および Collector で設定されている Source が表示されます。Source のタイプ (HTTP、ローカル ファイル、ローカル Windows イベント ログなど) も表示されます。
    • Open in Search (検索で開く): Collector または Source の名前の上にカーソルを置き、[Open in Search (検索で開く)] アイコンをクリックして [Search (検索)] ページで検索を開始します。
    • Tooltip (ツールチップ): Collector または Source の名前の上にカーソルを置くと、役に立つツールチップが表示されます。
      • Collector のバージョンはツールチップに表示されます。
        Collector version in tooltip.png
  • Type (タイプ): Collector が Installed Collector または Hosted Collector のどちらであるかが表示されます。
  • Status (ステータス): Collector が実行されているか (緑色のチェックマーク) 停止されているか (赤色の感嘆符) が表示されます。Collector の実行中に Sumo に対してハートビート メッセージが 15 秒ごとに送信されます。ハートビート メッセージを 30 分間受信できないと、ステータスに赤い感嘆符が表示され、実行されていないことが示されます。
  • Source Category: この Collector または Source で設定されている Source Category の名前が表示されます。
  • Sources (Source): Collector で設定されている Source の数が表示されます。
  • Last Hour (過去 1 時間): 過去 1 時間に取り込まれたログ メッセージの合計数が 1 分ごとのグラフとして表示されます。
  • Messages (メッセージ): 過去 1 時間に取り込まれたログ メッセージの合計数が表示されます。

Collector アクション

Source アクション