メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Collector または Source の検索

Sumo Logic の顧客の多くは、何百もの Collector と Source をインストールして設定しています。ただし、わずか 10 個の Collector でも、一覧から必要なものを見つけるのが難しい場合があります。

[Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] ページの検索フィールドでは、完全なキーワードを使用して名前または sourceCategory ごとに Collector と Source を検索できます。

キーワードの一部を一致させるには、ワイルドカードを使用します。たとえば、"apacheprod" と一致させるには "apache*" を使用します。

検索フィールドの他にも、結果を絞り込むためのドロップダウン選択オプションがいくつかあります。

search collectors ui page.png

  • [Show (表示)] ドロップダウンには、[All Collectors (すべての Collector)]、[Installed Collectors (Installed Collector)]、[Installed Collectors (ホストされた Collector)]、[Running Collectors (実行中の Collector)]、および [Stopped Collectors (停止された Collector)] のオプションがあります。
  • [Show up to (最大表示数)] ドロップダウンでは、表示する結果の数を絞り込むことができます。
  • [Expand (展開)] では、Collector の Source の表示を展開するか折りたたむかを選択できます。

Collector または Source を検索するには

  1. [Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] の順に移動します。
  2. 検索フィールドに完全なキーワード (またはキーワードとワイルドカード) を入力して [Search (検索)] をクリックするか、Enter キーを押します。

検索結果が表示されます。

  • この記事は役に立ちましたか?