メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

スクリプトを使用してコレクタを開始または停止する

Sumo Logic コレクタはシステムの起動時に自動的に開始されます。Sumo Logic コレクタのインストール ディレクトリには、コレクタ プロセス (Linux/Unix) およびサービス (Windows) の開始、停止、およびステータスの確認に使用できる一連のスクリプトが付属しています。

Sumo Logic コレクタを手動で再開または停止するには、root (Mac および Linux) または Administrator (Windows) の権限が必要です。

Linux/Unix および Mac

コレクタの開始、停止、またはステータスの確認を行うには、コレクタのインストール ディレクトリで次のいずれかのコマンドを実行します。

  • sudo ./collector start
  • sudo ./collector stop
  • sudo ./collector status
  • sudo ./collector restart

Windows

次のコマンドは、コレクタをサービスとしてそれぞれインストール、開始、または停止するために使用できます。

  • InstallCollector-NT.bat
  • startCollectorService.bat
  • stopCollectorService.bat

コレクタは Windows サービスとして実行されるため、Windows NET.EXE コマンドを使用してコレクタを起動および停止できます。

  • net start sumo-collector
  • net stop sumo-collector
  • この記事は役に立ちましたか?