メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

コレクタの編集

[Manage Collection (コレクションを管理)] ページから、説明、ホスト名、カテゴリなど、コレクタのいくつかの属性を編集できます。

インストール済みコレクタの編集

  1. Sumo Logic Web アプリケーションで、[Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] を選択します。
  1. インストール済みコレクタの名前をクリックするか、コレクタ名の右の [Edit (編集)] をクリックします。
  2. 必要に応じて、名前を変更するか、メタデータ フィールドを変更します。更新されたメタデータは新しく取り込まれたデータにのみ適用され、以前にアップロードされたデータでは元のメタデータが維持されます。
  • コレクタ レベルで [Host Name (ホスト名)] または [Category (カテゴリ)] を設定した場合、このコレクタに属するすべてのソースにそれらのメタデータ フィールドがタグ付けされます。後でソース レベルでメタデータを指定すると、コレクタのメタデータが上書きされます。
  • [Time Zone (タイム ゾーン)] のオプションを選択した場合は、コレクタに設定されている各ソースの設定よりも優先されます。
  1. [Advanced (詳細設定)] をクリックして、CPU 使用率のターゲットを設定するか、使用しているコレクタの管理方法を変更します。コレクタ管理の詳細については、「ローカル設定ファイル管理」を参照してください。

    コレクタの編集
     
  2. [Save (保存)] をクリックして変更を適用します。

ホスト型コレクタの編集

  1. Sumo Logic Web アプリケーションで、[Manage Data (データの管理)] > [Collection (コレクション)] > [Collection (コレクション)] を選択します。
  1. ホスト型コレクタの名前をクリックするか、コレクタ名の右の [Edit (編集)] をクリックします。
    edit-hosted-collector.png
  2. 必要に応じて、名前を変更するか、メタデータ フィールドを変更します。更新されたメタデータは新しく取り込まれたデータにのみ適用され、以前にアップロードされたデータでは元のメタデータが維持されます。
    • コレクタ レベルで [Category (カテゴリ)] を設定した場合、このコレクタに属するすべてのソースにその値がタグ付けされます。後でソース レベルでメタデータを指定すると、コレクタのメタデータが上書きされます。
    • [Time Zone (タイム ゾーン)] のオプションを選択した場合は、コレクタに設定されている各ソースの設定よりも優先されます。
  3. [Save (保存)] をクリックして変更を適用します。
  • この記事は役に立ちましたか?