メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Collector アップグレードのベスト プラクティス

Installed Collector をアップグレードする場合は、以下のベスト プラクティスに従うことをお勧めします。

最新を使用する

Collector の後方互換性は維持するようにしますし、多くの Collector の新バージョンには、新機能だけではなく重要なバグ修正も含まれているため、運用環境で使用する Collector のバージョンを常に最新にすることをお勧めします。  各 Collector バージョンのリリース ノートがあるので、変更点が明確にわかります。

Sumo Logic ユーザ インターフェイスを使用してアップグレードする

使用している Collector の 1 つまたは複数にアップグレードを適用できる場合は、UI の Collector ページに通知が表示されます。必要に応じて、アップグレード (またはダウングレード) 手順を実行します。

検索を使用して Collector をアップグレードする

ステージング環境で新しい Collector をテストする

ユーザに一般公開する前に新しい Collector バージョンをそれぞれテストすることにあらゆる努力をしています。  それでも、ユーザの環境はさまざまであるため、不具合がテストをすり抜けて一般公開 Collector バージョンに残ってしまう場合があります。  このため、ご使用の環境全体をロールアウトする前に、代表的なステージング環境または小数の運用サーバで新しい Collector バージョンをテストすることを強くお勧めします。

Collector をテストする場合以下の 3 項目を確認する

Collector のバグの再発や新しいバグはほとんど起きませんが、発生する場合は、いくつかのパターンのいずれかで発生します。  このため、新しい Collector バージョンをテスト環境、ステージング環境、または一部の運用環境にロールアウトした後、以下のことをモニタリングします。

  • 予測したおおよそのデータ量を Collector が取り込んでいることを確認します。  [Account (アカウント)] または [Status (ステータス)] ページでこれをモニタリングできます。
  • 新しい Collector バージョンのファイルベース Source については、ログ ファイルの循環が正しい頻度で実行されていることを確認します。
  • すべての Installed Collector について、Collector プロセスの CPU、メモリ、I/O、およびディスク領域の各使用量が予測および過去の Collector バージョンの範囲内に収まっていることを確認します。

異常を発見した場合は、Sumo Logic サポートに問い合わせて、新しい Collector バージョンを完全運用ステータスに移行する前に調査をします。

Collector 管理のための系統的アプローチ

Collector に変更を加える場合は常に以下のチェックリストを実行します。

  • 変更や更新を行う前の基準値を把握する。
  • 運用環境の前に開発またはステージング環境内で変更内容を実行する。以下の場合にこれを実行します。
    • 新しい Collector バージョンへのアップグレード。
    • 新しい Source の Collector への追加。
    • メモリ、CPU 調整などの既存の Collector または Source 設定の変更。
    • ホスト環境をアップグレードまたはパッチ適用。
  • ステージング環境で以下の項目の大きな変化をモニタリングする。 
    • Collector サービスの CPU 使用量パターン
    • Collector サービスのメモリ使用量パターン
    • ディスク I/O および領域の使用量
  • 以下の Collector サービスの動作検証を実行する。
    • アップグレードに成功し、Collector が新しいバージョンでオンラインになっている。
    • Collector が一定期間エラーや障害なく実行されている。
    • 既存の Source が今までどおりデータの送受信をしている。
    • 新しい Source が正常にデータの送受信をしている。
  • 以下のホスト/アプリケーション動作検証を実行する。
    • ホストの他のサービスがエラーなしに正常に動作している。
  • バックアップ、ウィルス スキャンなど、ホストの通常のメンテナンス操作もモニタリング期間に含まれており、それらのタスク中に問題が発生しないことを確認する。
  • この記事は役に立ちましたか?