メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

コレクタ ログ

インストール済みコレクタは "/logs" ディレクトリのインストール ディレクトリにログ イベントを格納します。これらのログはコレクタで問題が発生した場合のトラブルシューティングに役立ちます。

QuotaEnforcer

コレクタは "QuotaEnforcer" 機能を使用して、アカウントの契約条件およびコレクタで送信されるデータの全体量に基づいてアカウントを調整する必要があるかどうかを判断します。これらのログ メッセージは定期的 (10 秒ごと) にコレクタ ログに書き込まれ、一定期間にコレクタがサービスへ送信できる現在のデータ量 (割り当て) を表示します。以下は、QuotaEnforcer ログ メッセージの例です。

018-01-29 09:57:49,637 -0500 [QuotaEnforcer] INFO  com.sumologic.scala.collector.quota.BlockingQuotaEnforcer - BlockingQuotaEnforcer(Inputs) - Requested: 3 MB (368 KB/s). Remaining capacity: 81 MB (until Mon Jan 29 09:56:49 EST 2018)

これらのメッセージには、以下の 2 つの重要な情報が含まれています。

Requested (リクエスト済み): 前回の割り当てメッセージ以降にコレクタがサービスへ送信したデータ量です。

Requested: 3 MB (368 KB/s).

Remaining capacity (残りの容量): 現在の取り込みレートに基づいた、コレクタがサービスへ送信可能な現在のデータ量です。この値の時間は、次回コレクタがリクエストできる残りの割り当てです。

Remaining capacity: 81 MB (until Mon Jan 29 09:56:49 EST 2018)

残りの容量が "0.0 MB" に近くなり、このメッセージの日付に表示されている時刻がメッセージの作成時刻よりも後の場合のみ、このアカウントで調整が発生することを考慮する必要があります。

コレクタ バージョン

コレクタのバージョンを確認するには: 

  1. コレクタの [install_directory]/logs ディレクトリに移動します。(/opt/SumoCollector/logs/usr/local/SumoCollector または C:\Program Files (x86)\Sumo Logic Collector> など)。
  2. collector.out.log ファイルを表示します。
  3. バージョン番号を表示した Sumo Logic バナーがあります。

ログ ローテーションの設定

コレクタは log4j フレームワークを使用します。コレクタの "/config" ディレクトリの log4j.xml ファイルを編集して、collector.log のログ ローテーション動作を調整できます。

collector.log のローリング ファイル追加セクションのデフォルト設定は以下のとおりです。 

<param name="MaxFileSize" value="5MB"/>
<param name="MaxBackupIndex" value="10"/>

このデフォルト設定では、collector.log ファイルのローテーションは 10 回許可され、collector.log、collector.log.1、collector.log.2 から collector.log.9 まで作成されます。ファイル サイズが 5 MB になるとログはローテーションされます。

ローテーションが 10 回発生すると、使用領域の合計が 50 MB になり、一番古いログ ファイル データがドロップされます。