メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

HipChat 用の Webhook 接続

HipChat 用の Webhook 接続により、スケジュール済み検索アラートを HipChat に送信できます。Sumo Logic で Webhook 接続をセットアップしてスケジュール済み検索を作成すると、投稿としてそのスケジュール済み検索から HipChat ルームにアラートを送信できます。

Webhook ペイロードの作成方法については、HipChat API ドキュメントHipChat Webhook に関するセクションを参照してください。

HipChat 用の Webhook 接続のセットアップ

Webhook を Sumo Logic と統合するための最初の手順は、HipChat への 1 つ以上の接続の設定です。この接続は、Sumo Logic にデータの送信先を指示する HTTP エンドポイントとなります。組織のニーズに応じて、任意の数の接続をセットアップできます。

HipChat 用の Webhook 接続をセットアップする手順

  1. Sumo Logic で、[Manage Data (データの管理)] > [Settings (設定)] > [Connections (接続)] に移動します。
  2. [Connections (接続)] ページで、[Add (追加)] をクリックします。
  3. [HipChat] をクリックします。
  4. [Create Connection (接続の作成)] ダイアログに、接続の名前を入力します。
  5. 省略可能: 接続の説明を入力します。
  6. エンドポイントの URL を入力します。この URL およびトークンは、HipChat 統合フィールドの [Send messages to this room by posting to this URL (この URL に投稿してこのルームにメッセージを送信する)] にあります。この URL では次の形式が使用されます: https://[username].hipchat.com/v2/room/[Room API ID]/notification?auth_token=[token]
     (詳細については、HipChat API ドキュメントを参照)。
  7. (省略可能) Authorization Header (認証ヘッダー)。HipChat では必須ではありません。 
  8. (省略可能) [Custom Headers (カスタム ヘッダー)]。最大 5 つのコンマ区切りのキーと値のペアを入力します。
  9. [Payload (ペイロード)] で、HipChat に必要な形式で JSON オブジェクトを入力します。デフォルトの HipChat ペイロードが入力されます。JSON オブジェクト内でパラメータとして使用できる変数の詳細については、「Webhook ペイロードの変数」を参照してください。 
  10. [Save (保存)] をクリックします。
  • この記事は役に立ちましたか?