メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Microsoft Azure Functions 用の Webhook 接続

スケジュール済み検索またはメトリクス モニタから直接 Azure 関数をトリガーするには、Sumo Logic で Webhook 接続を設定します。

たとえば、管理者がユーザの権限を変更した場合に Azure 関数をトリガするスケジュール済み検索を作成できます。この関数は、監査を目的として変更を文書化するためにデータベースを更新します。

Azure 関数の作成

最初に、HTTP でトリガされる Azure 関数を作成します。詳細については、https://docs.microsoft.com/en-us/azure/azure-functions/functions-bindings-http-webhook を参照してください。

  1. テンプレート HttpTrigger-Powershell を使用して Azure 関数を作成します。
  2. Azure 関数のコードをコード フィールドにコピー & ペーストします。次の例は、HTTP でトリガされる PowerShell 関数です。
$requestBody = Get-Content $req -Raw | ConvertFrom-Json

"Webhook Triggered"

$requestBody.text
$requestBody.raw
$requestBody.num
$requestBody.agg


Out-File -Encoding Ascii -FilePath $res -inputObject "Hello Sumo Logic, from Azure Function"
  1. [Save (保存)] をクリックします。
  2. 次のセクションで必要になるため、関数の URL をコピーします。

Webhook 接続の作成

Azure 関数をトリガするように Webhook 接続を設定します。

  1. [Manage Data (データの管理)] > [Settings (設定)] > [Connections (接続)] に移動します。
  2. [Connections (接続)] ページで、[Add (追加)] をクリックします。
  3. [Azure Functions (Azure 関数)] を選択します。
  4. [Create Connection (接続の作成)] ダイアログで、以下を設定します。
    1. Name (名前): 接続の名前を入力します。
    2. (省略可能) Description (説明): 接続の説明を入力します。
    3. URL: 前のセクションでコピーしたエンドポイントの関数の URL を入力します。
    4. (省略可能) Authorization Header (認証ヘッダー): 認証ヘッダーを入力します。認証トークンを含めることもできます。
    5. (省略可能) [Custom Headers (カスタム ヘッダー)]。最大 5 つのコンマ区切りのキーと値のペアを入力します。
    6. Payload (ペイロード): 要求された形式で JSON オブジェクトを入力します。JSON オブジェクト内でパラメータとして使用できる変数の詳細については、「Webhook ペイロードの変数」を参照してください。 
  5. [Test Connection (接続のテスト)] をクリックします。接続が確立されると、「200 OK」応答メッセージが表示されます。
  6. [Save (保存)] をクリックします。

スケジュール済み検索の作成

続いて、Webhook をトリガするスケジュール済み検索を作成します。次に挙げるのは設定例です。

  1. 検索クエリを作成して、検索フィールドの下にある [Save As (名前を付けて保存)] をクリックします。
  2. [Schedule this Search (この検索をスケジュールする)] をクリックします。
    1. Run Frequency (実行頻度)。[Hourly (1 時間ごと)] をクリックします。
    2. Time range for scheduled search (スケジュールされた検索の時間範囲): [Last 60 Minutes (過去 60 分)] を選択します。
    3. Alert Condition (アラート条件): [Send notification only if the condition below is satisfied (以下の条件を満たした場合のみ通知を送信する)] を選択します。
    4. Number of results (結果数)。[Greater than > 0 (0 より大きい)] を入力します。
    5. Alert Type (アラート タイプ): [Webhook] を選択して検索結果を接続にアップロードします。
    6. Webhook: 前のセクションで作成した Webhook を選択します。
    7. Customize Payload (ペイロードのカスタマイズ): (省略可能)。必要に応じて、チェックボックスをオンにしてこの検索のペイロードをカスタマイズします。デフォルトのペイロードを使用する場合は、そのままにします。
  3. [Save (保存)] をクリックします。

メトリクス モニタの作成

Webhook 接続をトリガするために、メトリクス モニタを使用することもできます。手順については、「メトリクス モニタとアラート」を参照してください。 

  • この記事は役に立ちましたか?