メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Opsgenie 用の webhook 接続

webhook 接続には、Sumo Logic にデータの送信先を指示する HTTP エンドポイントが必要です。任意の数の接続をセットアップできます。 

Opsgenie への Sumo Logic の統合

Sumo Logic の Scheduled Search を使用することでインフラストラクチャを監視して、Opsgenie に Webhook アラートを送信できます。Opsgenie は受信したアラートを管理し、通知する適切なオンコール担当者を判断します。

Opsgenie に Sumo Logic 統合を追加するには、次の手順を実行します。

  1. Opsgenie の [Integration (統合)] ページに移動します。
  2. 次のパラメータを指定します。
  • 名前を指定します。
  • Sumo Logic のアラートを通知するチームを追加します。
  • Sumo Logic で Webhook 接続の設定に使用する Integration URL (統合 URL) をコピーします。
  1. [Save Integration (統合を保存)] をクリックします。

Opsgenie での最終的な設定は次のようになります。

Webhook_Intergration_Example2.png

Sumo Logic での設定

Sumo Logic では、Scheduled Search によって、webhook 接続経由でアラートが送信されます。Sumo Logic から Opsgenie にアラートを送信するには、次の手順を実行します。

  1. Webhook を作成します
  2. Sumo Scheduled Search の設定で Webhook を使用します

webhook の作成

このセクションでは、Sumo Logic から Opsgenie への webhook 接続を作成する方法を説明します。

webhook を作成するには、次の手順を実行します。
  1. Sumo Logic で、[Manage Data (データの管理)] > [Settings (設定)] > [Connections (接続)] に移動します。
  2. [+ Add (+ 追加)] をクリックし、接続タイプに [Webhook] を選択します。
  3. 名前には、「Sumo Logic Opsgenie」と入力し、任意に接続の説明を入力します。
  4. URL (手順 2 で使用) を [URL] フィールドに貼り付けます。
  5. [Payload (ペイロード)] フィールドに次の内容を入力します。
{
 "searchName": "{{SearchName}}",
 "searchDescription": "{{SearchDescription}}",
 "searchQuery": "{{SearchQuery}}",
 "searchQueryUrl": "{{SearchQueryUrl}}",
 "timeRange": "{{TimeRange}}",
 "fireTime": "{{FireTime}}",
 "rawResultsJson": "{{RawResultsJson}}",
 "numRawResults": "{{NumRawResults}}",
 "priority" : "P3",
 "aggregateResultsJson" : "{{AggregateResultsJson}}"
}
  1. [Save (保存)] をクリックします。

Scheduled Search の設定

Scheduled Search とは、指定された間隔で自動的に実行される保存済み検索です。アラートを送信するように Scheduled Search を設定した場合、webhook 接続を使用して別のツールにアラートを送信することができます。

webhook 接続用の Scheduled Search をセットアップするには、「Webhook 接続用の Scheduled Search」ドキュメントの手順に従ってください。

  • この記事は役に立ちましたか?