メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

管理者モード

コンテンツ管理者のための管理者モード

コンテンツ管理者は、Sumo 内でスーパー ユーザ ロールを担うことができます。組織のコンテンツを管理する必要がある場合、コンテンツ管理者ロールを選択して、ライブラリ内の個人用コンテンツを無効にしたり、Sumo ファイル ツリー全体の表示を可能にしたりできます。  このモードでは、コンテンツをある場所から別の場所に移動できるほか、[Admin Recommended (管理者の推奨)] フォルダで重要なコンテンツを強調表示できます。 

管理者モードへの切り替え

コンテンツ管理者は、いつでも管理者モードに切り替え、組織内の任意のユーザのためにコンテンツをフォルダからフォルダに移動できます。

管理者モードに切り替えるには、次の手順を実行します。

  1. ライブラリに移動します。
  2. [View as: (表示者ロール)] >  [Content Administrator (コンテンツ管理者)] を選択します。Content Admin.png
    組織のファイル ツリー全体と、[Admin Recommended (管理者の推奨)] フォルダが表示されます。

[Admin Recommended (管理者の推奨)] への重要なコンテンツの移動

重要なコンテンツは、新しいユーザの使用開始をサポートするダッシュボードや、組織で頻繁に必要とされる一般的な検索であったりします。左側のナビゲーションのライブラリ上部に表示されている [Admin Recommended (管理者の推奨)] にこのコンテンツを入れると、このコンテンツに注目を集めることができます。

たとえば管理者などの特定のロールを使用して、左側のナビゲーションのライブラリ上部で監査ダッシュボードのコンテンツを共有し、それを [Admin Recommended (管理者の推奨)] に移動できます。すべての Sumo 管理者はそこでダッシュボードを確認できますが、管理者ロールのないユーザにはダッシュボードは表示されません。

Screen Shot 2018/03/01 at 1.42.23 PM.png

[Admin Recommended (管理者の推奨)] にダッシュボードまたは検索を追加するには、次の手順を実行します。

  1. UI から [Library (ライブラリ)] タブを選択します。
  2. コンテンツ管理者モードに切り替えます。
    2018-03-02_16-20-11.gif
    [Viewing as Content Administrator (コンテンツ管理者として表示中)] という注意が左側のナビゲーションに表示されます。この表示があることで、[Personal (個人用)] フォルダが表示されない理由を意識しておけます。

    JIRA_93779_doc-fix1.png
  3. アクセスを許可したいロールまたはユーザに、検索を共有、あるいはダッシュボードやフォルダを共有したことを確認します。
  4. 左側のナビゲーションから、移動する項目のオプション メニューを選択し、[Move (移動)] をクリックします。
  5. [Move (移動)] ダイアログから [Admin Recommended (管理者の推奨)] フォルダを選択し、[Move (移動)] をクリックします。

組織におけるコンテンツ変更のトラッキング

組織で共有されたコンテンツ、または別のコンテンツ管理者によって最近変更されたコンテンツをトラッキングする必要がある場合は、監査アプリケーションでその情報をトラッキングするのに役立つダッシュボードを見つけることができます。

  • この記事は役に立ちましたか?