メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

データ ボリューム インデックスの有効化と管理

データ ボリューム インデックスにより、Sumo Logic に送信しているデータ量を視覚的に把握でき、システムの挙動を能動的に管理して Sumo Logic サブスクリプションに合ったデータ プランに従ってデータの取り込みを微調整できます。

データ ボリューム インデックスでは、ログとメトリクスについて、次のデータが得られます。

データ ボリューム インデックスは、管理者が手動で有効にする必要があります。これにより、インデックスへの入力が開始されます。インデックス内の一連のメッセージは、5 分ごとに作成されます。データは埋め戻しされず、このオプションが有効のときにのみ、インデックスに提供されます。

データ ボリューム インデックスを有効にすると、次の検索クエリを使用して、インデックスにアクセスできます。 
_index=sumologic_volume

データ ボリューム インデックスを有効にする

データ ボリューム インデックスは、管理者が有効にする必要があります。

データ ボリューム インデックスを有効にするには、次の手順に従います。

  1. [Administration (管理)] > [Account (アカウント)] > [Data Management (データ管理)] ページに移動します。
  2. [Data Volume (データ ボリューム)] の下で [Enable (有効化)] を選択します。

data_volume_check_box.png

この機能が有効になったことを示すメッセージが表示されます。

  • この記事は役に立ちましたか?