メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Scheduled View の一時停止または無効化

ビューを一時停止すると、新しいデータのインデックス化が停止します。インデックス化はいつでも再開できます。

Scheduled View を一時停止する手順

  1. [Manage Data (データの管理)] > [Settings (設定)] > [Scheduled View] を選択します。
  2. Scheduled View の右側にある青い 3 点アイコンをクリックしてから [Pause (一時停止)] をクリックします。

インデックス化を再開するには [Start (開始)] をクリックします。

Scheduled View の詳細表示

詳細には、Scheduled View の作成者、作成日付、ラグ時間、そして Scheduled View の設定西用したクエリが含まれます。

Scheduled View の詳細を表示するには

  1. [Manage Data (データの管理)] > [Settings (設定)] > [Scheduled View] を選択します。
  2. Scheduled View の右側にある青い 3 点アイコンをクリックしてから [View Details (詳細を表示)] をクリックします。

Scheduled View の無効化

Scheduled View を無効にすると、それ以上のデータはインデックス化されなくなります。Scheduled View を無効にしても削除はされませんが、再び有効にすることはできません。ビューを無効にした後で、同じ名前で新しいビューを作成した場合は、二重の結果が表示されるのではなく、両方の Scheduled View のデータが統合されて表示されます。

無効にした Scheduled View は Sumo Logic Web アプリケーションでは表示されません。同じ名前で新しい Scheduled View を作成すると、新旧両方のビューが存在する時間範囲におけるキューは、2 つのビューを統合したデータを検索します。

Scheduled View を無効にする手順

  1. [Manage Data (データの管理)] > [Settings (設定)] > [Scheduled View] を選択します。
  2. 編集したいルールの右側にある青い 3 点アイコンをクリックしてから [Disable (無効化)] をクリックします。
  • この記事は役に立ちましたか?