メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

アクセス キー

Sumo Logic では以下の操作を行う際にアクセス キーが必要です。

  • 新しいコレクタの登録。新しいコレクタをインストールする場合は、コレクタの管理権限に加えて、アクセス キーの入力が必要です。コレクタごとに異なるアクセス キーを使用することも、複数またはすべてのコレクタで同じアクセス キーを使用することもできます。コレクタでアクセス キーを使用するのはインストール時のみですので、コレクタのインストール後にキーを削除しても、コレクタには影響しません。
  • Sumo Logic API の使用。Sumo Logic API を使用するにはアクセス キーの入力が必要です。詳細については「API 認証」を参照してください。

自分のアクセス キーは、Sumo Web アプリケーションの [Preferences (環境設定)] ページで生成して管理できます。ユーザのロールでアクセス キーの管理権限が付与されている場合には、[Administration (管理)] > [Security (セキュリティ)] > [Access Keys (アクセス キー)] ページで、他のユーザが生成したアクセス キーを管理することができます。

アクセス キーの生成

すべての Sumo ユーザは [Preferences (環境設定)] ページでアクセス キーを生成できます。アクセス キーの管理権限を持っている場合は、[Security (セキュリティ)] ページでもアクセス キーを生成できます。 

[Preferences (環境設定)] ページでのアクセス キーの生成

  1. Sumo Logic Web アプリケーションで、左側のナビゲーションで自分の名前をクリックして [Preferences (環境設定)] ページを開きます。
  2. [My Access Keys (自分のアクセス キー)] セクションで、[+ Add Access Key (アクセス キーの追加)] をクリックします。
    access-key-preferences-page.png
  3. [Create a Sumo Logic Access Key (Sumo Logic アクセス キーの作成)] ウィンドウが開きます。 Create Access Key popout box.png
  4. [Access Key Label (アクセス キー ラベル)] テキスト ボックスにアクセス キーの名前を入力して [Generate Key (キーを生成)] をクリックします。
  5. ウィンドウに、生成されたアクセス ID とアクセス キーが表示されます。両方ともコピーしてから [Close (閉じる)] をクリックします。[Close (閉じる)] をクリックしてしまうと、アクセス ID とアクセス キーを再び表示することはできません。

[Security (セキュリティ)] ページでのアクセス キーの生成

アクセス キーの管理権限を持っている場合は、[Security (セキュリティ)] ページでもアクセス キーを生成できます。 

  1. [Administration (管理)] > [Security (セキュリティ)] > [Access Keys (アクセス キー)] を選択します
  2. 表の右上にある [+ Add Access Key (アクセス キーを追加)] をクリックします。
  3. 上記の「[Preferences (環境設定)] ページでのアクセス キーの生成」の手順 3 以降を実行します。
    access-key-security-page.png

アクセス キーの管理

生成したキーは [Preferences (環境設定)] ページで見ることができます。アカウントのシステム管理者は、[Administration (管理)] > [Security (セキュリティ)] > [Access Keys (アクセス キー)] ページで、すべてのアクセス キーの無効化、再有効化、または削除を行うことができます。

コレクタの登録時に使用したアクセス ID とアクセス キーを削除または無効化しても、コレクタは動作を停止しません。これらの情報は、コレクタのインストール作業の一環として、初めてサービスと接続してコレクタを登録するときにだけ使用します。

アクセス キーの無効化

アクセス キーを無効化してもキーの資格情報はアカウントに残りますが、キーは使用できなくなります。キーはいつでも再有効化することができます。

  1. [Status (ステータス)] 列の [Active (有効)] をクリックします。
  2. ステータスが [Inactive (非アクティブ)] に変わります。

アクセス キーの再有効化

  1. [Status (ステータス)] 列の [Inactive (非アクティブ)] をクリックします。
  2. ステータスが [Active (有効)] に変わります。 

アクセス キーの削除

  1. [Delete (削除)] をクリックします。
  2. 削除を確認します。キーが直ちに削除され、使用できなくなります。
  • この記事は役に立ちましたか?