メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

ユーザの削除

ユーザを削除すると、完全に消去されます。ユーザを削除するとき、フォルダ、検索、ダッシュボードなどの削除するユーザのライブラリのコンテンツを移す先となる Sumo ユーザ アカウントを選択するように促されます。 

ユーザのライブラリのコンテンツを移すことなくユーザが Sumo にアクセスできなくしたい場合は、ユーザの非アクティブ化を行うことができます。

開始する前に

開始する前に「ユーザのオフボード」の手順を実行してください。これらの手順は、そのユーザのためにセットアップされた自動化サービスが中断されないように、ユーザを削除する前に必要なデータやアクセス権の移譲を特定するのに役立ちます。

ユーザを削除すると起こること

  • 削除されたユーザのアクセス キーは消去され、復旧することができません。
  • 削除されたユーザのフォルダは、新しい所有者のフォルダに移動されます。新しい所有者は、移譲されたコンテンツに対して管理アクセス権を持ちます。新しい所有者にコンテンツが移譲されても、削除されたユーザのコンテンツにアクセス権を持っていたほかのユーザには影響しません。たとえば、ユーザ A を削除し、ユーザ A のコンテンツをユーザ B に移譲したとします。ユーザ C がこれまでユーザ A のコンテンツの一部に権限を持っていた場合、ユーザ C が持つそのコンテンツに対するアクセス権は変わりません。 
  • 削除されたユーザが作成した、共有フォルダにあるコンテンツには影響がありません。
  • 削除されたユーザが run-as ユーザであったダッシュボードや Scheduled Search については、新しい所有者が run-as ユーザとなります。
  • データは、削除されたユーザがセット アップしたパーティションにインデックスされ続けます。 
  • Scheduled View は停止します。ユーザが削除されると、そのユーザが作成した Scheduled View にデータがインデックスされることはなくなりますが、データ自体は削除されません (Scheduled View の名前も残ります)。ユーザを削除する前に、必ずユーザの Scheduled View と同じクエリを使用して新規 Scheduled View を作成してください。

ユーザの削除

ユーザを削除するには

  1. [Administration (管理)] > [Users and Roles (ユーザとロール)] > [Users (ユーザ)] を選択します。  
    user-options-menu.png
  2. 削除するユーザの行を選択して、3 点のオプション メニューから [Delete (削除)] を選択します。
  3. ユーザのコンテンツを別のユーザに割り当てるように求められます。コンテンツの別のユーザへの転送は省略可能です。コンテンツを転送するには、[Transfer Content To (コンテンツの転送先)] フィールドをクリックし、表示されたリストからユーザを選択します。
    delete-user-transfer-content.png
  4. [Delete (削除)] をクリックして、ユーザを消去します。

削除されたユーザのパーソナル フォルダは、コンテンツの移譲先ユーザのパーソナルフォルダに移動されます。コンテンツの新しい所有者は、削除されたユーザのコンテンツに対して管理アクセス権を付与されます。削除されたユーザのアクセス レベルで実行されていたダッシュボードは、すべて新しい所有者のデータ アクセス レベルで実行されます。

  • この記事は役に立ちましたか?