メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

安全なサードパーティ サービス アクセスの認証

Sumo Logic 内の [Help (ヘルプ)] メニューには、[Documentation (ドキュメント)][Support (サポート)][Feature Request (機能のリクエスト)][Community (コミュニティ)] などのサードパーティ サービスに接続するリンクがいくつかあります。

セキュリティ上の理由により、Sumo Logic ユーザはメール アドレスの認証後でなければ、これらのサードパーティ サービスへのアクセスを許可されません。Sumo Logic のユーザ名とパスワードがあれば、メール アドレスは認証されます。

ユーザ名とパスワードを使用して Sumo Logic で認証しないユーザは、メール検証プロセスを完了する必要があります。このプロセスは通常、SAML を実装したサードパーティ シングル サインオン (SSO) サービスを使用してログインするユーザ、Heroku アドオンから Sumo Logic にアクセスするユーザ、および SSO を提供するその他の Sumo Logic 統合パートナーのユーザに適用されます。

メールアドレスを認証するには:

  1. [Help (ヘルプ)] > [Community (コミュニティ)] ([Support (サポート)] または [Feature Request (機能のリクエスト)] でも同じようにできます) を選択します。
  2. メール アドレスを認証するように求められます。[Send Verification Email (認証メールを送信)] をクリックします。
  3. 「Sumo Logic Email Verification Request (メール認証リクエスト)」というメールを確認します。
  4. メールを開き、[Verify Your Email (メール アドレスを認証)] をクリックします。
    verify email.png

メール アドレスが認証され、サードパーティ サービスにアクセスできるようになります。

安全なサードパーティ アクセスと新しい組織

新規 Sumo Logic 組織を作成すると、初回はパスワードを利用せずに自動的にログインすることになります。このアカウントは、まだ SSO サードパーティ アクセスに関してアクティブ化または認証されていませんが、自動的にアクティブ化メールが送信されます。

まだアカウントをアクティブ化していない場合、[Help (ヘルプ)] メニューにある Salesforce の [Community (コミュニティ)] のようなサードパーティ サービスに接続するリンクに接続しようとすると、アカウントのアクティブ化が求められ、新しいアクティブ化メールが送信されます。Sumo Logic からサードパーティ サービスにアクセスするには、メールによってアカウントをアクティブ化する必要があります。

アカウントをアクティブ化するには:

  1. [Help (ヘルプ)] > [Community (コミュニティ)] ([Support (サポート)] または [Feature Request (機能のリクエスト)] でも同じようにできます) を選択します。
  2. アカウントをアクティブ化するように求められます。[Send Activation Email (アクティブ化メールを送信)] をクリックします。
    activate user ui prompt.png
  3. 「Activate your Sumo Logic Account! (Sumo Logic アカウントをアクティブ化)」というメールを確認します。
  4. メールを開き、[Activate Now (今すぐアクティブ化)] をクリックします。
    activate account email.png

アカウントがアクティブ化され、サードパーティ サービスにアクセスできるようになります。

  • この記事は役に立ちましたか?