メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

メトリクスのクエリおよびグラフの作成

メトリクス ソースのセットアップ後に、メトリクス グラフを作成できます。

メトリクス グラフ領域はページ上部にあり、クエリ領域はページ下部にあります。
metricsblanknew.png

メトリクス グラフを作成するには、次の手順を実行します。

  1. タブ バーの [+] をクリックして、[Metrics (メトリクス)] を選択します。
  2. [Metrics (メトリクス)] ページを開くとデフォルトで開く [Query (クエリ)] タブで、クエリを作成します。

    metricsquerycallout.png

    各クエリに次の組み合わせを含む、最大 6 つのメトリクス クエリを作成します。
  • 一連のスペース区切りの tag=value ペア 
  • 非限定文字列 (キーのない値)
  • 関数 (| 記号と共に表示される)
  • 指定されたパラメータに基づく集計 (| 記号と共に表示される)
  • 論理オペレータ (AND、OR、および NOT/!)

    例 1 (1 つのクエリ):
    metric=CPU_Idle 

    例 1 (1 つのクエリと集計):
    cluster=search node=search-1 metric=cpu-system | avg by node

    例 2 (2 つのクエリ)
    _sourceCategory=tara_cloudwatch_aws_logs_2 
    metric=CPU_Idle 


    例 3 (1 つのクエリ、NOT を使用し search-1 を除くすべてのノードを視覚化)cluster=search !node=search-1 metric=cpu-system | avg by node
     

image3.png

詳細については、「メトリクス クエリのガイドライン」を参照してください。

  1. 任意のエントリ フィールドで Enter キーを押して、データ グラフ領域にデータを表示します。グラフの操作方法や設定の変更方法については、「メトリクス グラフの操作」を参照してください。

    metrics_first chart.jpg
  • この記事は役に立ちましたか?