メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

メトリクスの使用の開始

メトリクスの使用を開始する最も簡単な方法は、ホスト メトリクス Source を追加することです。これにより、ローカルな Installed Collector ホストに関連するデータを収集できるようになります。ホスト メトリクスの機能の概要については、このウェビナーをご確認ください。参考のために、ここにスライドをご用意しています。

それでは以下の手順に従い、開始しましょう。

1.Source を追加してデータを収集する

メトリクスの使用を開始する最も簡単な方法は、ホスト メトリクス Source を追加することです。これにより、ローカルな Installed Collector ホストに関連するデータを収集できるようになります。

これらのビデオを見て、Installed Collector からホスト メトリクスを取り込む方法を確認してください。完全な手順については、「Installed Collector のホスト メトリクスの収集」を参照してください。 

既存の Collector をアップグレードしてホスト メトリクスを取り込む 

Installed Collector をすでにお持ちの場合は、Collector をアップグレードしてホスト メトリクスの取り込みを開始します。

 

セットアップ ウィザードを使用して Collector をインストールし、ホスト メトリクスを取り込む 

メトリクス Source をインストールしていない場合は、セットアップ ウィザードを使用すると簡単にインストールできます。

 

他のメトリクス Source オプションも利用できます。

2.データのクエリと視覚化

Source をセットアップしたら、メトリクス データは自動的に取り込まれ、クエリとグラフに利用できるようになります。

このビデオを見て、ホスト メトリクスのクエリとグラフのセットアップ方法を確認してください。完全な手順については、「メトリクス クエリとグラフの作成」を参照してください。

ホスト メトリクスのクエリ 

3.ダッシュボードへのデータの追加

メトリクス グラフを既存のダッシュボードにパネルとして追加するか、メトリクス パネルを含む新しいダッシュボードを作成できます。このビデオを見て、ダッシュボードへのメトリクス パネルの追加がいかに簡単かを確認してください。完全な手順については、「ダッシュボードへのメトリクス グラフの追加」を参照してください。

メトリクス ダッシュボードの作成

  • この記事は役に立ちましたか?