メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

accum

accum operator は、メトリクスの時系列ごとに、一連の現在までの合計を作成します。

accum operator は、メトリクスの時系列ごとに、一連の現在までの合計を作成します。各時系列における現在までの合計は、時系列内の最初のデータ ポイント値から始まり、次に続く値が反復的に加算されます。

accum は、時間の経過に伴う累積値を対象とするメトリクスに役立ちます。これには、失敗または成功したトランザクションの数などがあります。   

accum の構文

accum

accum の例

このクエリは、success.count メトリクスの現在までの合計を計算します。

success.count | accum

時間範囲内の success.count の値が次の場合、について考えます。

59, 69, 57, 64, 47, 51, 62, 58, 70, 60 

accum は、これらの値について、次の累積合計値を生成します。

59, 128, 185, 249, 296, 347, 409, 467, 537, 597

次のメトリス グラフでは、緑色の時系列が accum を使用した結果を表します。

SuccessCount | accum

オレンジ色の時系列は、accum operator を使用しない場合の結果を示しています。

accum.png
 

  • この記事は役に立ちましたか?