メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

avg

avg operator は一致するすべての時系列データの平均を計算します。

avg operator は一致するすべての時系列データの平均を計算します。グループ化が指定されると、各グループの平均が計算されます。

avg 構文

avg [by FIELD [, FIELD, ...]]

avg の例

すべての時系列にわたる平均値 

このクエリは、一致するすべての時系列で RequestCount メトリクスの平均値を返します。  

Namespace=AWS/ApplicationELB metric=RequestCount Statistic=Sum AvailabilityZone=* Region=* TargetGroup=* | avg 
 

avg1.png

1 つのフィールドの平均

このクエリは、一致するすべての時系列で、選択したクエリ範囲に対する 1 つのフィールド (TargetGroup) の RequestCount メトリクスの平均値を返します。グラフ上の折れ線は TargetGroup に対応します。

Namespace=AWS/ApplicationELB metric=RequestCount Statistic=Sum AvailabilityZone=* Region=* TargetGroup=* | avg by TargetGroup
 

2 つのフィールドの平均

一致するすべての時系列で、選択したクエリ範囲に対する 2 つのフィールド (TargetGroup_sourceName) のメトリクスの平均値を返します。グラフ上のそれぞれの折れ線は _resourceName-TargetGroup の組み合わせに対応します。

Namespace=AWS/ApplicationELB metric=RequestCount Statistic=Sum AvailabilityZone=* Region=* TargetGroup=* | avg by TargetGroup, _sourceName 

avg3.png

  • この記事は役に立ちましたか?