メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

delta

delta operator は、時系列のデータ ポイントごとに後退差分を算出し、時系列の前の値からメトリクスがどの程度変化したかを判断します。

時系列のデータ ポイントごとに後退差分を算出し、時系列での最終値からメトリクスがどの程度変更になったかを判断します。

delta operator は、metric ディメンョンが存在する場合、delta($metric) に更新します。元の時系列に metric ディメンションがない場合、metric=delta ディメンションが作成されます。他のディメンションは影響を受けません。

delta の構文

metric query | delta

delta の例

前のポイントとのメトリクス値の差異

このクエリは、eth0 インターフェイスについてグラフにプロットされた値とその前の値の間の Net_InBytes メトリクスの差異が反映された時系列を返します。 

metric=Net_InBytes Interface=eth0 | delta
 

  • この記事は役に立ちましたか?