メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

parse

指定されたフィールドを parse し、メトリクス クエリで使用する新しいフィールドを作成します。

パターン内の各ワイルドカードは、指定されたフィールドに対応します。parse operator は、最短一致と最長一致の両方のワイルドカードをサポートします。  最長一致の場合は '*' を使用し、最長一致の場合は '**' を使用します。

parse の構文

parse [field=FIELD] PATTERN as PARSED_FIELD [, PARSED_FIELD, ...]

各パラメータの説明

  • FIELD  : parse 対象のメトリクス フィールド 
  • PATTERN: ワイルドカードを使用して FIELD の parse 方法を示す式
  • PARSED_FIELD は、parse プロセスの結果が出力されるフィールド

parse の例

メトリクス フィールドの 3 つのフィールドに対する parse

このクエリは、LoadBalancer フィールドを parse します。フィールドの形式は type/name/id です。次に例を示します。
app/app-song-8d/4567223890123456

このクエリは、スラッシュで区切られたセグメントごとにフィールドを作成します。  

AvailabilityZone=us-west-1a metric=HTTPCode_Target_2XX_Count | parse field=LoadBalancer */*/* as type, name, id

parse operator は、typename、および id という名前のフィールドを作成します。それらのフィールドには、LoadBalancer フィールドのスラッシュで区切られたセグメントの値が入力されます。

クエリでの parse されたフィールドの使用

parse されたフィールドは、同じクエリ内の parse operator 以降で使用できます。たとえば、このクエリは LoadBalancer フィールドからの name フィールドを parse して、HTTPCode_Target_2XX_Count メトリクスの name フィールド別の平均値を返します。

AvailabilityZone=us-west-1a metric=HTTPCode_Target_2XX_Count | parse field=LoadBalancer */*/* as type, name, id | avg by name
 

  • この記事は役に立ちましたか?