メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

pct

pct operator は各タイムスタンプで、時間間隔ごとにメトリクスの時系列の値について n 番目のパーセンタイルを計算します。

タイムスタンプごとに、各時間間隔の入力系列の n 番目のパーセンタイルを計算します。グループ化が指定されると、各グループの指定のパーセンタイルが計算されます。

pct の構文

pct(DOUBLE) [by FIELD [, FIELD, ...]]    

DOUBLE は浮動小数点数で、範囲は、0.0 以上、100.0 以下です。

pct の例

すべての入力時系列の 95 パーセンタイルを返す

このクエリは、1 つの時系列を計算します。各プロット値は、あるタイムスライスの入力時系列に対する MemoryUsed メトリクスの 99.9 パーセンタイルを示します。  

metric=MemoryUsed | pct(99.9)

フィールドの 95 パーセンタイルの平均メトリクス値を持つ時系列を返す

このクエリは、前のクエリと似ていますが、フィールドの MemoryUsed メトリクスのパーセンタイルを計算します。この場合のメトリクス フィールドは node です。クエリは各ノードの時系列を返します。時系列内のプロットされた各点は、あるタイムスライスについて、node 値を持つすべての入力時系列の 99.9 パーセンタイルに対応します。

metric=MemoryUsed | pct(99.9) by node
 

  • この記事は役に立ちましたか?