メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

quantize

quantize operator は、集計時の量子化について制御します。

quantize operator は、Sumo の量子化の動作を制御するために使用できます。この詳細については、「メトリクスの量子化」を参照してください。次の指定が可能です。

  • メトリクスを集計する時間バケットの範囲。量子化の間隔を指定しない場合は、Sumo によって時間バケットに対する最適なサイズが決定されます。詳細は、「クエリ時の自動の量子化」を参照してください。  
  • ある時間バケットで、個々のデータ点を集計するために使用するロールアップ タイプ。avg, min, max, sum,count のいずれかを指定できます。quantize 句でロールアップ タイプを指定しない場合、時間バケットごとに、そのバケットのデータ点の平均が表示されます。  

quantize の構文

quantize to INTERVAL [using ROLLUP]

ここで:

ROLLUP は  avg, min, max, sum、または count のいずれかです。

quantize の例 

時間バケットのサイズの設定

このメトリクス クエリの quantize 句によって、時間バケットのサイズが 5 分に設定されます。デフォルトのロールアップ タイプである avg を使用して、各時間バケットのメトリクスが集計されます。 

_sourceCategory=hostmetrics | quantize to 5m

時間バケットのサイズとロールアップ タイプの設定

このメトリクス クエリの quantize 句によって、時間バケットのサイズが 10 分に設定され、sum ロールアップ タイプが指定されます。メトリクス値が、5 分の時間バケットごとに計算され、その値が返されます。

metric=CPU_User cluster=kafka | quantize to 10m using sum  

  • この記事は役に立ちましたか?