メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

topk

topk operator は、クエリ セレクタと一致する時系列に対して、指定された集計関数を適用し、クエリの時間範囲にわたって最高の評価値を持つ n 個の時系列を返します。


topk operator は、クエリ セレクタと一致する時系列に対して、指定された集計関数を適用し、クエリ時間範囲にわたって最高の評価値を持つ n 個の時系列を返します。  

topk の構文

topk (N, SCALAR_EXPRESSION) [by FIELD [, FIELD, ...]]

各パラメータの説明 

  • N はグラフに表示する時系列の数です。
  • SCALAR_EXPRESSION は、次のいずれかの関数です。
    • min。時間範囲全体で、一致する時系列をメトリクスの最小値によってランク付けし、下位 n 個の時系列を返します。 
    • max。時間範囲全体で、一致する時系列をメトリクスの最大値によってランク付けし、下位 n 個の時系列を返します。
    • avg。時間範囲全体で、一致する時系列をメトリクスの平均値によってランク付けし、下位 n 個の時系列を返します。 
    • count。時間範囲全体で、一致する時系列をメトリクスの値の数によってランク付けし、下位 n 個の時系列を返します。 
    • sum。時間範囲全体で、一致する時系列をメトリクスの値の合計によってランク付けし、下位 n 個の時系列を返します。
    • pct(n)。時間範囲全体で、メトリクス値のパーセンタイルを計算し、最も低かった n 個の時系列を返します。 
    • latest。最新のデータ ポイントを受信したときに一致した時系列をランク付けし、下位 n 個の時系列を返します。 

topk の例

最大値による上位 10 件の時系列

このクエリは、クエリ セレクタに一致した時系列を時間範囲全体にわたる CPU_Sys の最大値によってランク付けし、上位 10 個の時系列を返します。

metric=cpu_system | topk (10, max)

計算値を基準にした上位 10 件の時系列

このクエリは、クエリ セレクタに一致する各時系列に数式 (max / avg * 2) を適用します。時系列は、計算値によってランク付けされ、上位 10 個の時系列が返されます。

metric=cpu_system |topk (10, max /avg * 2)
 

  • この記事は役に立ちましたか?