メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Atlassian ソリューションのセットアップ

このページでは、Atlassian ソリューションのセットアップで、任意のアプリケーションをインストールして設定する方法について説明します。

Terraform 自動スクリプトを使用して Atlassian ソリューション全体をセットアップできます。また、ソリューションの各コンポーネントをカスタマイズするために手動で設定することも可能です。 

Terraform スクリプトを使用する場合

Terraform テンプレートを使用すると、Atlassian 製品のログを収集して、Sumo Logic の事前設定された直感的分析ダッシュボードにデータを表示するために必要なすべてのリソースの設定が自動化されます。

このページの手順に従って、Terraform 自動スクリプトを使用して Atlassian ソリューションをセットアップします。

Atlassian ソリューションを手動で設定する場合

独自の環境に合わせてカスタマイズするために Atlassian ソリューションを手動で設定することも可能です。Atlassian ソリューションの手動設定は、2 段階のプロセスです。まず、必要なアプリケーションの Webhook を設定し、次に個々のアプリケーションをインストールします。 

ステップ 1.Webhook のセットアップ

リンクをクリックし、記載された手順に従って、Webhook を次の順序で設定します。

  1. Jira - 各自のサイトに適した Webhook を設定します。

  • Jira Cloud - Scheduled Search のアラートを基に Jira Cloud で Jira の問題を作成します。
  • Jira (Server) - Scheduled Search のアラートを基に Jira Server (オンプレミス) で Jira の問題を作成します。
  1. Jira Service Desk - Scheduled Search のアラートを基に Jira Service Desk で Jira の問題を作成します。

  2. Opsgenie - Scheduled Search から Opsgenie にアラートを送信します。

リンクをクリックし、記載の手順に従って、個々のアプリケーションを次の順序でインストールします。

  1. Jira アプリケーション - Jira の使用状況、リクエスト アクティビティ、問題、セキュリティ、スプリント イベント、ユーザ イベントに対するインサイトを示します。  

  1. Bitbucket - プロジェクト管理に対するインサイトを示し、デプロイを効率的に計画して管理できるようにします。 

  2. Opsgenie アプリケーション - DevOps 環境のアラートが一目でわかるビューと詳細な分析を表示し、インシデントやインシデント処理操作を効果的にモニタリングして、貴重なインサイトを取得できるようにします。

  3. Atlassian アプリケーション - Atlassian のすべてのクラウド ツールを、環境全体のリアルタイムのモニタリング権限と統合します。

  • この記事は役に立ちましたか?