メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

横棒グラフ

横棒グラフは、システムで最も頻繁に発生するエラーの種類を調べる場合など、発生したイベントの数を視覚的に比較するのに便利です。横棒グラフを作成するには、[Aggregates (集計)] タブでいくつかのデータ ポイントを生成する検索クエリを使用する必要があります。

たとえば、以下のクエリを使用して横棒グラフを作成できます。

(error OR fail*) AND exception | count by _sourceCategory | sort by _count

結果は次のようになります。

AggResult.png

横棒グラフの作成手順:

  1. クエリを実行します。
  2. [Aggregates (集計)] タブで [Bar Chart (横棒グラフ)] アイコンを選択して、検索結果を表示します。
    グラフ - 横棒

[Aggregates (集計)] タブに、データが横棒グラフで表示されます。

BarChart .png

グラフの表示方法のカスタマイズについては、「ダッシュボード ページのデータ パネルの編集」を参照してください。 

  • この記事は役に立ちましたか?