メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

マップ グラフ

マップ グラフは、データに含まれるロケーションとヒット数を地図上に表示します。 

マップ グラフを作成するには、検索結果に集計された緯度経度の値が含まれているか、または Geo Lookup operator を使用して、抽出した IPv4 および IPv6 アドレスからこれらの値を生成する必要があります。パーシングした値を使用する場合は、マップ グラフでフィールドが認識されるように、緯度と経度のフィールド名をそれぞれ latitude と longitude にする必要があります。正と負の値は、それぞれ北と南または東と西を表し、N/S や E/W の表記は使用しません。 

以下は、地図を使用してログ ファイルから緯度と経度の値を抽出した例です。

* | "30.42" as latitude | "-87.21" as longitude | count by latitude, longitude

たとえば、以下のクエリを使用してマップ グラフを作成できます。

_sourceCategory=Error
| parse regex "(?<client_ip>\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3})"
| lookup latitude, longitude, country_code, country_name, region, city, postal_code from geo://location on ip = client_ip
| count by latitude, longitude, country_code, country_name, region, city, postal_code
| sort _count

結果は次のようになります。

geo lookup results fields.png

ルール

  • 緯度と経度の値は、それぞれ latitude フィールドと longitude フィールドで指定する必要があります。
  • 緯度と経度の値では、N/S や E/W の表記は使用せず、正の値は北と東、負の値は南と西をそれぞれ表します。
  • _count アグリゲータが必要です。 
  • 他のアグリゲータ (sumavg) では正確な結果が得られません。 

制限事項

  • マップ グラフに表示できる結果数の上限は 10,000 件です。
  • マップ メーカーの色は変更できません。

マップグラフ作成

  1. ジオ ルックアップクエリを実行します。
  2. [Aggregates (集計)] タブで [Map Chart (マップ グラフ)] アイコンを選択して、検索結果を表示します。
    グラフ - マップ

[Aggregates (集計)] タブに、データがマップ グラフで表示されます。

map chart in aggregates tab.png

geolocation operator の詳細については、Geo Lookup operator を参照してください。

  • この記事は役に立ちましたか?