メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

文字列単一値グラフ

文字列単一値グラフは、単一のレコードのみを返すクエリの結果を表示し、その値を一目で確認できるようにする場合に便利です。クエリで [Aggregates (集計)] タブに複数の値が返される場合、最初の値のみが数値単一値グラフに表示されます。

単一値グラフでは、値の意味を示す SI 系単位が付加されます。文字列単一値グラフでは、検索クエリの最初の結果 (最上位のステータスやメッセージなど) を文字列として表示します。

たとえば、以下のクエリを使用できます。

error | count | format("%d errors", _count) as errorString | fields errorString

結果は次のような単一値グラフとなります。

StringSV.png

クエリが単一値グラフの表示要件を満たさない (例: 結果がない、あるいは null である) 場合、表示オプションの単一値アイコンはグレー表示になります。ただし、プロパティを編集することで、結果のないグラフをどのように表示するかをカスタマイズできます。

文字列単一値グラフの作成

  1. クエリを実行します。
  2. [Aggregates (集計)] タブで [Single Value (単一値)] アイコンを選択して、結果を表示します。
    charts_single_value_viewer
  3. デフォルトの色とテキストを使用して数値単一値グラフが表示されます。
  4. (省略可能) グラフをパネルとして保存したい場合は [Add to Dashboard (ダッシュボードに追加)] をクリックします。 

文字列単一値グラフの修正

  1. [Search (検索)] ページの [Aggregates (集計)] タブで [Settings (設定)] アイコンを選択します。
  2. [Change Properties (プロパティの変更)] を選択します。 

    SV.png
     
  3. When Data is Available (データが利用できる場合)。このクエリのデータが利用できる場合、グラフは以下のプロパティを使用します。
    • Color (色)。デフォルトの色を新しい色に変更します。
    • Display color on the background (背景の表示色)。このチェックボックスをオンにすると、選択した色が背景色になります。選択した色により、テキストは黒または白で表示されます。
  4. When Data is not Available (データが利用できない場合)。このクエリのデータが利用できない場合、[When Data is Available (データが利用できる場合)] のオプションはすべて無視されます。以下のオプションが設定されていない場合、グラフには何も表示されません。
    • Use the following settings (以下の設定を使用)。このチェックボックスをオンにすると、データが利用できない場合にはカスタマイズした値が表示されます。
    • Default Value (デフォルト値)。データが利用できない場合に表示するメッセージを入力します。8 文字以内で入力してください。
    • Background color (背景色)。データが利用できない場合の背景色を選択します。デフォルトはグレーです。
  5. [Save (保存)] をクリックして変更内容を保存します。  
  • この記事は役に立ちましたか?