メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

マークダウン構文

ダッシュボードでは、以下のマークダウン構文オプションがサポートされています。構文がサポートされている場合は、テキスト ボックスの左下付近に「Markdown Supported (マークダウンがサポートされています)」と表示されます。サポートされていない構文を指定すると、[Submit (送信)] ボタンがクリックできなくなります。

基本テキスト

基本テキストを表示する場合は、構文の適用は不要です。テキスト ボックスにテキストを入力してください。

テキストパネルの作成

太字/斜体テキスト

テキストを斜体にするには * * で囲みます。例: *This text will be italic*

テキストを太字にするには ** ** で囲みます。例: **This text will be bold**

太字と斜体を組み合わせることもできます。

コードのフォーマット/ブロック

テキストの一部をコードとして表示するには ‘ ‘  で囲みます。

コード ブロックを作成するには、その部分を ‘‘‘ ‘‘‘ で囲みます。

見出し

必要な数だけ # を先頭に付けることで、テキストに 6 段階の見出しレベルを設定できます。

# head one

## head two

### head three

#### head four

##### head five

###### head six

リスト

順序付きリスト

番号付きのリストを作成するには、各リスト項目の前に数字とピリオドを付けます。インデントさせたい場合は、先頭にスペースを入れます。 

1. Item One

2. Item Two

 1. Indented Item One

 2. Indented Item Two

このように指定すると、テキスト パネルには次のように表示されます。

順序付きリスト

順序なしリスト

番号のない中黒付きのリストを作成するには、各リスト項目の前に * または - を付けます。どちらも中黒として表示されます。インデントさせたい場合は、先頭にスペースを入れます。

* Bullet One

* Bullet Two

 * Bullet Indent One

 * Bullet Indent Two

 このように指定すると、テキスト パネルには次のように表示されます。

マークダウン順序なしリスト

複合リスト

番号付きと中黒付きの項目をネスト化するには、各リスト項目の前に番号とピリオド、またはアスタリスク * を付けます。

1. Item One

 * Bullet Indent One

2. Item Two

 * Bullet Indent Two

 このように指定すると、テキスト パネルには次のように表示されます。

複合リスト

  • この記事は役に立ちましたか?