メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

ダッシュボードでのフィルタの使用

フィルタを使用することで、ダッシュボードに表示される情報量を制御できます。

ダッシュボード フィルタの適用

ダッシュボードにフィルタを適用すると、ダッシュボード内で該当するフィールドを含むすべてのパネルに適用されます。

Filters1.2.png
特定のパネルのフィルタアイコンをクリックすると、そのパネルに適用されないすべてのフィルタが非表示になります。 

Filters2.3.png 

特定のパネルのフィルタアイコンをクリックしてフィルタを追加してから [Add フィルタ (フィルタの追加)] をクリックすると、選択したフィルタがダッシュボードに追加され、そのパネルに適用されます。フィルタの値を変更した場合は、フィルタがリンクされているパネルにのみ影響します。このトピックの「フィルタの作成」を参照してください。

フィルタにリンクされているパネルを確認するには、フィルタ ボックスの青いフィルタ アイコンにカーソルを合わせます。下記の例では、country_name フィルタが [Geolocation of Admin Activities (システム管理者活動のジオロケーション)] パネルには適用されていますが、[User Operation... (ユーザ操作...)] パネルと [Role Operation... (ロール操作...)] パネルには適用されていません。その理由は、ロガー フィルタにマウス カーソルを合わせると、[Geolocation of Admin Activities (システム管理者活動のジオロケーション)] パネルには水色の境界線が表示されますが、[User Operation... (ユーザ操作...)] パネルには表示されないためです。

Filters3.2.png

フィルタの作成

ダッシュボードの所有者は、編集モードでフィルタを追加できます。作成されたフィルタは (編集モード以外で) ダッシュボードの所有者が表示することができ、ダッシュボードを公開した場合は他のユーザも表示できます。フィルタを [Dashboards (ダッシュボード)]  ページで表示できるようにするには、追加する必要があります。

  1. [Dashboards (ダッシュボード)] ページで [Edit (編集)] をクリックしますScreen Shot 2018-05-17 at 10.48.37 AM.png
  2. ページや特定のパネルの一番上にあるフィルタアイコンScreen Shot 2018-05-17 at 10.48.33 AM.pngをクリックして [Add Filter (フィルタの追加)] 領域を表示します。
  3. [Add Filter (フィルタの追加)] をクリックします。
    Filters4.2.png
  4. [Add Filter (フィルタの追加)] ダイアログに、利用できるすべてのフィルタが表示されます。ダッシュボードの検索に基づいて推奨されるフィルタは先頭の方に表示され、他のフィルタはその後に表示されます。
    Filters5.3.png

  5. フィルタをクリックして選択します。
    • リストでは、フィルタが T (テキスト) または # (数値) で識別されています。数値フィルタを追加したら、ダッシュボードに表示する範囲を =!=><>=、または <= operator で制限できます。
    • 特定のパネルではなくページの一番上にあるフィルタアイコンをクリックしてフィルタの作成を開始した場合は、一度に 1 つずつしかフィルタを追加できません。[Add (追加)] をクリックしてフィルタを追加します。他のフィルタを追加するには、[Add Filter (フィルタの追加)] ボタンを再びクリックします。  新しいフィルタは、適用可能なすべてのパネルにリンクされます。
    • 特定のパネルのフィルタアイコンをクリックしてフィルタの作成を開始した場合は、[Add Filter (フィルタの追加)] ダイアログで複数のフィルタを一度に追加できます。追加するフィルタを選択すると、[Selected (選択済み)] 領域に移動します。必要なだけフィルタを選択してから [Add (追加)] をクリックします。
    • [Add Filter (フィルタの追加)] ダイアログでフィルタを検索するには、[Find (検索)] 領域に検索文字列を入力して Return キーを押します。
  6. フィルタの選択が終わったら、[Add (追加)] をクリックしてフィルタを追加し、ダッシュボードに戻ります。
  7. 選択したフィルタが表示されます。[Add Filter (フィルタの追加)] を再びクリックすると、パネルまたはダッシュボード レベルでフィルタを追加できます。数値フィルタを選択した場合は、ドロップダウン リストから時間範囲を選択して、表示する値を制限できます。

これでフィルタを使用する準備は完了です。

フィルタの使用

フィルタを使用するには、フィルタのテキスト ボックスに値を入力してから Return キーを押すと、フィルタが適用されたパネル (1 つまたは複数) が表示されます。

数値フィルタを選択した場合は、ドロップダウン リストから時間範囲を選択して、表示する値を制限できます。

数値以外のフィルタでは * ワイルドカードを使用できますが、ワイルドカードを使用するとフィルタ処理が遅くなるため、必要な場合にのみ使用してください。 

フィルタのオートコンプリート

ダッシュボード フィルタのオートコンプリートにより、Sumo のメタデータや parse されたフィールドが、フィルタのドロップダウン メニューにオプションとして提案されます。これらの提案は、直近の検索の値に基づいて行われます。フィルタで利用できる入力の選択肢が用意されるため、ダッシュボードのユーザは、トラブルシューティングや情報の探索で必要な情報を簡単に見つけることができます。オートコンプリートは、ユーザがテキストや数値を入力するに従って利用可能なオプションをアルファベット順のリストとして提供し、カーソルをフィールドに配置したときには推奨される値のリストを提供します。

この例では、C を入力しただけで、直近の検索結果に基づいて California、Colorado、そして Connecticut が、このフィルタ用のオートコンプリートの提案として表示され、この中から選ぶことができます。DashboardAutocomplete.png

フィルタの作成中は、ダッシュボードがバックグラウンドで検索を実行しているため、ドロップダウンにオプションが表示されるまで数分を要することがあります。フィルタをダッシュボードに追加した時点では、すでにオートコンプリートの値が用意されています。最後にダッシュボードを表示してから、あるいは最後に検索を実行してから時間が経っている場合は、オートコンプリートの値が表示されるまで時間がかかることがあります。

フィルタ設定の変更

フィルタのプロパティを変更できます。

  1. [Dashboards (ダッシュボード)] ページで [Edit (編集)] トグル ボタンをクリックします。 Edit.png
  2. 必要であれば、フィルタアイコンをクリックして [Add Filter (フィルタの追加)] 領域を表示します。
  3. 編集したいアイコンの [Settings (設定)] アイコンをクリックします。
    Filters6.3.png
     [Filter Settings (フィルタの設定)] ダッシュボードが開いて [General (一般)] 設定が表示されます。
    Filters7.2.png
  4. 必要に応じてラベルや他のパラメータを修正します。パラメータの種類はフィルタによって異なります。

  5. [Panels (パネル)] を選択して、フィルタを適用するパネルを選択します。デフォルトでは、フィルタをサポートするすべてのパネルに適用されます (チェックマークが付いています)。フィルタを適用しないパネルをクリックして選択を解除します。選択を解除したパネルには + 記号が表示され、この記号をクリックすることで再び選択できます。
    Filters8.2.png

  6. [Save (保存)] をクリックして変更内容を適用します。

フィルタの削除

ダッシュボードの所有者は、フィルタにマウス カーソルを合わせて、フィルタの右上隅にある (ダッシュボードの一番上にあるのと同じ) [X] アイコンをクリックすると、そのフィルタを削除できます。フィルタを削除したら、ページを更新して変更を反映させます。削除したフィルタは、すべてのパネルから削除されます。

Filters9.2.png

  • この記事は役に立ちましたか?