メインコンテンツまでスキップ
Sumo Logic Japanese

Explore を使用したトラブルシューティング

Explore で根本原因をすばやく特定する方法がわかるトラブルシューティング シナリオについて説明します。

Explore のナビゲーション機能により、物理スタックでデバッグが必要なオブジェクトをすばやく見つけることができます。このページでは、トラブルシューティング シナリオを概説し、考えられる解決策を示します。

トラブルシューティングの概要

ステップ 1: クラスタの分析

Kubernetes クラスタに問題があっても正確な場所が分からない場合は、[Cluster Overview (クラスタの概要)] ダッシュボードの分析から開始します。このダッシュボードには、クラスタで実行中のすべてのものが表示されます。[Terminated and Waiting by Namespace (名前空間別の終了および待機)] パネルでは、名前空間のエラー状態を簡単に把握できます。これにより、対処が必要な設定や全体的な管理の問題があるかどうかを簡単に判断できます。

Explore_TS_Cluster_Overview.png

ステップ 2: 名前空間の調査

クラスタの問題をさらに詳細に特定するには、ナビゲーション パネルで Kube-System を選択して [Namespace Overview (名前空間の概要)] ダッシュボードに切り替えることで、名前空間を調査します。このダッシュボードは、デプロイで動作しているポッド、障害が発生したポッド、エラー、CPU とメモリの使用状況、ファイル システムの使用状況、終了した/待機中のポッドやコンテナの情報を提供します。次の例では、ダッシュボードの CPU とメモリの使用状況のパネルに着目して、アプリケーションの問題が発生している場所を探します。

Explore_TS_Namespace_Overview.png

ステップ 3: ポッドへのドリルダウン

問題のあるポッドを特定したら、そのポッドにドリルダウンして、詳細なデータを確認します。パネルの [Details (詳細)] アイコンを選択すると、検索内のデータを表示できます。もしくは、[Log Stream (ログ ストリーム)] パネルで実際のログを確認できます。

Explore_TS_Pod_drill-down.png

Explore_TS_Drill-down_Pod_search-results.png

  • この記事は役に立ちましたか?